Topics

トピックス

コラム 2021-03-24

疲れないSNS「Gravity」の世界に1週間浸かったので魅力をひたすら語ってみた

\シェアする/

疲れないSNS「Gravity」の世界に1週間浸かったので魅力をひたすら語ってみた

ライターのみなせしゅんです。

 

今や当たり前になったSNS。皆さんは普段、どんなSNSを使っていますか??

便利なSNSですが、最近では「SNS疲れ」という言葉が生まれるくらい、SNSに疲れてしまった人が増えています。

原因としては、人間関係のしがらみや他人の自己顕示への嫉妬が挙げられます。フォロワー数やいいね数などの「数字」が見えることにより、他人と比較してしまい劣等感を感じてしまう、、、ということもあるのではないでしょうか。

 

とはいえ他人とのつながりは欲しい。でも疲れるのは嫌。

そんなSNSに疲れてしまったアナタにこそ使ってほしい、広まってほしいけど広まってほしくない新感覚SNS「Gravity」をご紹介します。

Contents

    疲れないSNS「Gravity」とは??

    「Gravity」とは、完全匿名の新感覚SNSです。

    公式Twitterのプロフィール文を引用し紹介させていただきます。

    ✨Gravityは共感しあえる人と繋がり、お互いに気持ちを打ち明けることができる新感覚のソーシャルアプリです✨
    このアプリでは社会的立場や外見などは重要視されません。リラックスして自分の気持ちを打ち明けてください。また、他の面白い星と出会って、異なる星同士で引き寄せ合い、温かい力を分け合いましょう!

    Gravity【公式】 - @App_Gravity より引用

     

    Gravityの使い方

    使い方の大枠はTwitterに似ており、以下の機能を備えています。

    • 今の気持ちを投稿
    • 他のユーザーをフォロー
    • おすすめユーザーの投稿を閲覧
    • フォローしているユーザーの投稿のみを閲覧
    • 他のユーザーの投稿への「いいね」
    • 自分に対してのフォローや「いいね」の通知
    • 相互フォローユーザーとのダイレクトメッセージ(DM)

     

    でもTwitterとは大きく異なる部分もあります。

    Gravity公式Twitterのプロフィール文から読み取れる通り、Gravityはありのままの自分でいられるSNSです。着飾ってフォロワー稼ぎをする必要は全くないんです。

    そしてGravityの魅力はこれだけにとどまりません

     

    「Gravity」が良すぎるので魅力を思いつくままに並べてみた

    こちらは公式Twitterのツイートですが、「バエなくてもOKなソーシャル系アプリ」と記述がある通り、Gravityには「映え」を追求しなくてもよい仕掛けが随所に散らばっています。映えるための仕組みが排除されていると言い換えてもよいでしょう。

    そんなGravityならではの魅力を並べてみました。

     

    魅力1:相性の良いユーザーのつぶやきがタイムラインに並ぶ

    ユーザー登録時、ユング心理学に基づいた性格診断を行います。6つの簡単な質問に答えていくと、診断結果がこんな感じで表示されます。

    この診断結果、何に使うんだろう?と思っていたのですが、自分と性格の相性が良いユーザーと繋がるための材料として使われるようです。アプリストアの説明欄にはビッグデータ分析を活用している旨の記述があったので、恐らく精度はこれからどんどん上がっていくものと思われます。

     

    また、自分のプロフィール画面にはこんな感じで診断結果が表示されます。

    これにより、プロフィールを覗いてくれた人に「自分はこんな性格なんだよ~~」とざっくり伝えることができます。内面のつながりを重視するGravityならではですね。

     

    魅力2:匿名性が高い

    Gravityでは、他のユーザーから身バレするような情報を登録する必要が一切ありません。メールアドレスの入力も不要です。Twitterで言うところの「ユーザーID(@から始まるやつ)」の概念も存在しません。他のユーザーから見えるのは、アイコンとプロフィールの文章のみです。

    ユーザー登録時に電話番号のみ入力はするのですが、他のユーザーに公開されてしまうことも、アプリが電話帳へのアクセス権限を要求することもありません。そのため、電話番号によって身バレしたり、スマホ内の電話帳に載っている友人が自動的に友達追加されてしまう、、、なんて悲劇も起こりません。(入力した電話番号は現状、システム側でアカウントの識別をしたり悪質なユーザーの情報を記録したりする用途で使われているのだと思われます。)

    また、(後述しますが)ユーザーや投稿の検索機能がないに等しいため、ネットストーカーに遭う心配もほぼありません。

    全てのしがらみから解放されて、安心して自分の本心をつぶやくことができます。

     

    魅力3:いい意味でプロフィールを着飾れない

    Gravityは、ユーザーのアイコンを設定する際、運営側の用意したアイコンの中からしか選べません。つまり着飾れないんです。逆に言うと、アイコンによって生まれがちなユーザー間の格差が全くありません

    また、ヘッダーも設定できません。アイコンとヘッダーって何を設定すべきか地味に悩むところだと思うのですが、Gravityならそんな悩みは一切浮かびません。なんかよくわかんないけどすごそうな売り文句が書かれたヘッダーを見て嫌悪を感じることもありません。

    一応、プロフィール文と「趣味タグ」というタグを自由に設定することはできるため、「社長です」「年収1000万です」のようなアピールをすることも可能ではあります。

    ですが、そもそも映えるためのSNSではないのであまり効力を持ちません。むしろ他のSNSに疲れた人が流れ込む場所なので、今のところそういったタグは煙たがられている印象です。

     

    魅力4:リツイートにあたる機能がない

    Twitterで言う「リツイート」にあたる機能がGravityには存在しません。このため、「バズる」という概念も存在しません。バズを狙って文章をこねくり回す必要は皆無です。

    みんなの役に立つ投稿をしなきゃ!というプレッシャーからも解放されますし、○万RTみたいな表示を見て嫉妬に狂うこともなくなります。

     

    魅力5:他のユーザーのフォロー数&フォロワー数が表示されない

    Gravityでは、他のユーザーのフォロー数&フォロワー数が表示されないため、そういった数字を他人と比較して落ち込むことがありません。

    また、誰が誰をフォローしているのか確認することもできないので、誰の目も気にせずに好きな人を好きなだけフォローすることができます。「FF比」を気にする必要も全くありません。


    ▲他のユーザーのタイムラインを覗いた時は、フォロー/フォロワー数が一切表示されない。

     

    また、誰もフォローしていない状態でも、ビッグデータ分析によって導き出された相性の良さそうなユーザーの投稿が自動的に流れてきます。

    そのため、フォロー/フォロワーのようなゆるい繋がりすらも面倒くさい場合は、フォロー数ゼロのままでも何の支障もありません。ブロックも自由です。

     

    魅力6:自分のいいねが他のユーザーのタイムラインに表示されない

    Twitterには、ツイートをいいねすると他のユーザーのタイムラインに「○○がこの投稿をいいねしました」という通知が流れてしまう仕様があります。ツイートを拡散するのに役立っている場合があるのですが、不要だと思っているユーザーにとってはありがた迷惑な機能です。

    Gravityでは、自分の「いいね」が他のユーザーのタイムラインに流れることは皆無です。好きな投稿を心置きなく、好きなだけ「いいね」することができます。

     

    魅力7:検索機能がないに等しい

    Gravityには、ユーザーを検索したり投稿を検索したりする機能がありません。

    他のユーザーを探したいときは、タイムラインもしくは下記の画面を使います。

    ※2021年6月現在、アップデートにより以下とは異なる画面になっています。

    この画面にある、「★」の一つ一つはユーザーを意味します。ここには性格の相性が良さそうなユーザーが並ぶようで、★をタップすると他のユーザーのプロフィール画面に飛ぶことができます。宇宙を探索して星々を見つけていくようなイメージですね。

    ちなみにこのプロフィールの★はランダムに表示されるため、知人や友人など特定のユーザーを探し出すことは困難を極めます。この一期一会感が最高です。

    これにより、身バレの心配をすることなく自由につぶやけます(とはいえあまりにも個人を特定できるつぶやきをしていると運悪く身バレする可能性もあるかもしれませんが……!)。

    もし知人っぽい人からフォローされてしまったら、ブロックしてアイコンと名前とプロフィールを変更しましょう。IDの概念が存在しないため、それらを変更することで完全に別人のように見せることができます。投稿をキーワードで検索することもできないため、広い星の海で再会することはかなり難しいです。

     

    魅力8:規約がそこそこ厳格なので平和

    Gravityでは、アプリを通じてLINEやTwitter等のID等を聞くことが禁止されています。また、過度に公序良俗に反する投稿も規制されているようです。

    通報も気軽にできる仕組みですし、規約に反する場合はアカウントの凍結もされるようなので、出会い厨と呼ばれる存在が生き残りにくくなっています。

    タイムラインには、必然的に平和な投稿のみが残ります。

     

    魅力9:世界観がかわいい

    急に抽象的なお話になりましたが、Gravityは全体的に世界観がかわいいんです。近年のTwitterやInstagramのソリッドな感じとは異なり、温かみのあるイラストやデザインが使われています(以下はPC版AppStoreのスクリーンショットです)。

    惑星のアイコンがメインで用いられていることからも分かるように、ちょっとだけファンタジックな世界を意識して作られているようです。アプリストアの説明欄にも、「ちょっとしたロマンチックで架空な世界観」(原文ママ)という言葉があるくらいです。

    このデザインのおかげか、(特に夜中に)Gravityのタイムラインを覗いていると宇宙をふわふわ漂っているような感覚に浸ることができます。

    独り言は言いたい。でも誰も聞いてくれないのもちょっと寂しい。そんな思いを持ったユーザーが集まっているからか、着飾ったような文章が本当に少ないです。独り言の星の海を漂いながら様々な惑星と出会っていくような感覚です。これは今までのSNSにはない感覚です。

     

    魅力10:ユーザーがひたすら温かい

    最後は何と言ってもこれに尽きます。

    Gravityは、2021年の初頭にリリースされたばかりの、まだまだ新しいSNSです。

    アプリストアのダウンロード数を見る限りユーザー数はまだ少ないのですが、タイムラインを見ているとTwitterやInstagramによる疲れが溜まりまくっている人が多いです。他のSNSで「スーパーに来た」「歯磨いた」のような何気ない独り言を言うことすら窮屈になっていたユーザーや、本心を吐き出せずにいた人が集まっているんです。

    なので、ものすごく温かい世界になっています。社会的立場や外見が見えないようになっているからこそ、気軽に何でもつぶやけますし、気軽にコメントを送り合える環境になっています。どんな投稿にも、優しい「いいね」をもらえます。

    この温かい雰囲気がいつまで保たれるはわかりません。このアプリが有名になってユーザーが増えてきたら今のような温かい環境がなくなってしまうのでは?という意見もタイムラインでは散見されます。でもそんな懸念が生まれるのも、今の環境の居心地が本当に良いことの裏返しです。

    SNSに疲れた皆さんにこそ、ぜひこの温かい世界を体験していただきたいです。

     

    その他気になること

    退会機能について

    サービス開始当初、実は退会機能がありませんでした。

    ですが今では実装されているため、使ってみてもし肌に合わなければ自由に退会することができます。

     

    DM機能について

    相互フォローの関係でない場合、相手から送れるテキストは1日3回のみに制限されます。

    そのため、知らない人からいきなりスパムがたくさん届くということもありません。

    もしも迷惑なユーザーからDMが届いてしまった場合は、ブロック一発で関係を断ち切ることができます。

     

    おわりに

    「Gravity」は、以下のリンクからダウンロードすることができます(iOS、Android共通のリンクです)。他のSNSに慣れている方であれば、使い方で迷うことも特にないでしょう。

    広まってほしいけど広まってほしくない、新感覚で優しい匿名SNS「Gravity」を、皆さんもぜひぜひ試してみてください。

    Share シェアしてほしい

    \シェアする/

    Writer この記事をかいたひと

    みなせしゅん |フリーランスのマルチクリエイター

    RYOZEN Scratch Creations代表。

    1994年生まれ。千葉育ち。
    2019年よりフリーランスのマルチクリエイターとして活動を開始。
    グラフィックデザインからWEBデザイン、フロントエンドからバックエンド、プランニングから動画配信まで、わりとなんでもやる人。

    座右の銘は「レベルを上げて実績で殴る」。

    Other Topics

    Recommends